2016年10月〜2017年1月 経過観察

病気の経過

2016年6月から行った陽子線+化学療法がすべて終了したコケ子。10/13に評価のための造影CTを撮りました。

検査結果

造影CTの結果、左肺の原発のあたりに白くモヤモヤしたものが写りましたが、主治医によると陽子線の治療痕だろうとのこと。

縦隔リンパのがんは見えなくなっており、結果は非常に良好でした!

血液検査のほうは、赤血球・白血球ともやや少なく貧血気味ではありますが、腫瘍マーカーCEAは1.2。
治療前は7.4Highだったので、こちらも凄く下がっていてひと安心です♪

今後は、月1回の血液検査+レントゲンと、3ヶ月に1回のCT検査で経過観察をしていくことになりました。

太れない

一時10kg減を記録した体重は、少し戻ったものの6kg減あたりからなかなかそれ以上戻らない…。

実母に病気のことを隠していたため、お正月の帰省の際にあまりにもスリムな姿を見せるわけにいかず、頑張ってたくさん食べるようにしていましたが、食べても食べても太れなーい!!

今思えば、スリムな体型でしかできないファッションをもっと堪能しておけばよかったんですが、当時はとにかく必死でした。

結局あまり太れないまま母に会うことになりましたが、着ぶくれして行ったのであまり不審に思われなかったようです。ふー。

つかの間の安堵

2017年1月、3ヶ月に1度のCT検査でも明らかな腫瘍は確認できず、無治療継続決定!

このまま寛解できるかも…?期待に胸踊ります。

翌月も血液検査+レントゲンの月イチ経過観察で予約を入れて帰ろうとすると、ふと主治医が「そういえば、脳MRIのこと忘れてた」と。

この病院では、肺がんの経過観察をする際、半年ごと(※病状によって異なります)くらいに脳転移がないかも調べる方針なんだそう。

ああ、確定診断の際にもやったアレね〜。

「まあ大丈夫だろうけど、念の為ね」と、翌月は脳MRIの検査をすることになったのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました