2016年9月〜10月 抗がん剤4クール目

病気の経過

骨髄抑制で白血球数が足りず、3クール目第2週の点滴を受けられなかったコケ子。

4クール目までに白血球が回復するかわからなかったので、主治医はもともとの予定日の9/21の他にも、9/26、9/30、10/3にも外来点滴の予約をぶっ込んでくれました。

9日遅れで抗がん剤4クール目

21日と26日は白血球数が回復しきらず、点滴NG。

30日にようやく3300まで戻り、シスプラチン+ビノレルビン点滴を受けることができました。

午前中から始まって夕方までかかるので、お昼ごはんや飲み物、本などを化学療法室に持ち込んで、のんびり過ごします。

化学療法室はとても広くてベッドがズラーッと並んでおり、全部が埋まっているわけではないけれど、私の他にも10人くらいは患者さんがいたと思います。

2人に1人ががんに罹る時代だっていうし、こんなに治療を受ける人がいるんだなぁ…としみじみ。

ちょっと違う吐き気

4クール目ともなれば吐き気の対処には慣れっこだぜ!と思っていましたが、今回はなんだかこれまでと違う…

何かを口にしていないと気持ち悪さが増すんです。妊婦さんの「食べつわり」みたいな感じ?(妊娠したことないけど)

かといってモリモリ食べられるわけでもなく、ゼリーやプリン、卵豆腐などをなんとか流し込んでいました。

第2週のビノレルビンもできた

翌週のビノレルビン点滴は、白血球3200Lowでしたが受けることができました。

これで、化学療法すべて終了でーーーす!

ここまでの治療の成果を見るために、10/13に造影CTを撮ることに。

体力なし

すべての治療を終えて、体重は10kg落ちました。服が全部ぶっかぶか!骨皮すじ子ちゃん!
(ちなみに5年経った今では、すっかり元通りになってマス♪)

髪は2クール目あたりから少しずつ抜けていきましたが、全体の4分の1くらい抜けたところで止まりました。もともとの毛量がめっちゃ多かったので、ちょうど扱いやすい量になってくれた感じ。

治療も終わったことだし、趣味の乗馬を再開しようと乗馬クラブに行きましたが、鞍が重くて馬にのせられない…!!
スタッフに鞍をつけてもらうなんて、超初心者の頃以来20数年ぶりだぁ。。

階段を上がれば息が切れ、しゃがんで立ち上がればクラクラと立ちくらみがし、こんなにも体力が落ちるものなのかと愕然としていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました