2021年12月の呼吸器内科受診

毎月の受診日

肺がん治療開始から5年6ヶ月、タグリッソ服用開始から3年2ヶ月が経ったコケ子です。

本日、呼吸器内科の月イチ受診でした。早いもので2021年最後の受診日ですわ〜。

最近の状況

肺内多発転移のため2018年10月からタグリッソ80mgを服用スタート。

毎月血液検査+レントゲンで経過を見つつ、薬の処方をしてもらっています。

腫瘍マーカーCEAはタグリッソ開始時6.6Highでしたが、最近は1.0〜1.2と低い値を保っています。

さて今日は…?

今回の検査結果

今回の腫瘍マーカーCEAは1.3で先月から0.1増。

微増ですが、過去3ヶ月の経過が1.1→1.2→1.2だったので、なんかじわじわ上がっている…?

そう考えると不安になります。。

帰宅してから過去のデータを見返してみると…

タグリッソを飲み始めて5ヶ月後にCEAが1.1まで下がったのですが、それ以降1.3以上になったことは6回ほどあり、1.5まで行ったことも1回ありました。

うん、まだ大丈夫!あまり気にしすぎない!

新しく追加された項目で異常値

今回、血液検査に2つ新たな項目が追加されていました。CK(クレアチンキナーゼ)AMY(血清アミラーゼ)

タグリッソの副作用で高値になることがあるんだそうで、主治医がチェックのために追加してくれました。

そのうちのCKが結構高い…

筋肉にダメージがあると上がる値で、激しい運動をしたり筋肉注射をしたりしても上がるもののようです。

ということは、12/3にゴルフのラウンドに行ったからでは?かなり走り回りましたからね〜

先生曰く「思い当たる原因があるので、来月また調べて数値が落ち着いていれば心配ないでしょう」と。

ただ、タグリッソのせいだとするとCK高値は継続するわけで、腎臓に負担をかけないよう水分をじゅうぶん摂るようにとのことでした。

さて今回、血液検査で正常範囲からはみ出た項目は以下の通り。

TP(総蛋白) 6.5Low
CRNN(クレアチニン) 0.87High
CK(クレアチンキナーゼ) 265High
WBC(白血球数) 2.9Low
Ly(リンパ球) 28.4%Low
Mo(単球) 10.3%High

大きな変化はなく、いつも通りタグリッソが処方されました。ホッ。

次の受診は年明け。水をしっかり摂って体調管理に努めます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました