やっぱり造影CTは苦手だ

雑記

最初の治療(化学放射線療法)で使用したシスプラチンや、現在服用中のタグリッソの影響で、腎臓の数値があまり良くないコケ子です。

今日は経過観察のための造影CTを撮りに病院に行ってきました。

2016年から2018年まではCT検査の際に造影剤を使用していたんですが、その後は腎臓が心配になって単純CTにしていたんです。

しかしこのところ気になっている首の圧迫感&右鎖骨上のしこりについて、より詳しく調べるため、今回のCTには造影剤を使ってみることに。

調べてみたら最後に造影CTを撮ったのは2018年8月でした。なんと約4年ぶりの造影剤です!

脳MRIの造影剤は平気

ちなみに現在半年に1回程度脳MRIを撮っていますが、こちらは造影剤がないと写らないため、使わないわけにいきません。

でも、ボディの造影CT用の薬剤とは種類が違って、特になんとも感じないです。

ボディ用の薬剤は、体を巡ってカーッと熱くなる感じがなんとも気持ち悪い……。

ちょっとヤダな〜と思いながら検査を受けました。

血管ピクピク

そもそも、CT撮影自体が少々苦手な私。

両手をバンザイした体勢が辛いのです。手先が痺れてきて、辛くて脂汗が滲むほど(涙)

単純CTだとすぐ済むのでそんなにしんどくないですが、造影CTは少し時間がかかるので、やっぱりちょっと辛かった。

機械の調整が済んで、いよいよ造影剤が注入されると……

薬が通った血管がピクピクしてるぅ!!

まぶたが勝手にピクピク痙攣するときってありますよね?あの感じに似たピクピクが肩のあたりの血管で起きて、すごく不快。

そして全身がカーッと熱くなる。ふえぇ……

やっぱり造影CTは嫌いだー。どうしても必要じゃなければ次回はまた単純CTにしてもらおう。

結果は来月の診察日に

今日は撮影しただけで、結果を聞くのは7/5の受診日になります。

良からぬものが写っていたら……と不安になりますが、その時はその時。

まだ起きてもいないことを考えてもしょうがないですしね。

普通に食べて遊んでちょこっと働いて、日々過ごしていきたいと思います。

写真は頑張った自分へのご褒美。数量限定のアイスコーヒー買っちゃった♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました