ブログ1周年にあたり

雑記

このブログを始めて、今日で1年が経ちました。

「ブログ始めたいなぁ」と思うだけじゃなく、実際に開設して、のんびりペースながらも1年も続けられた〜!

何より、1年無事に生きられた〜!

これは自分で自分を褒めていいと思うの……。

とにもかくにも1周年を迎えることができたのは、見に来てくださった皆様のおかげです。

本当にありがとうございます!!

なぜブログを始めたのか

2016年に肺がんが見つかり、しかも手術不可の進行がんであったことから、何かと重苦しく沈みがちであった私に元気や勇気をくれたのは、主にがん経験者の本やブログでした。

寛解された方、がんと付き合いながら5年も10年もお元気でいらっしゃる方。

そんな方たちの考え方や生き方に学ぶことがたくさんありました。

私も、5年生きられたら、もしかしたらどなたかにちょっぴり明るい気持ちになってもらえるかもしれない。

5年生きられたら、自分の足跡をブログに書きたいな……。

そんなふうに考えていたんです。

当時の肺がんステージ3bの5年生存率はかなり低い数字だったので、それをクリアできたら凄いじゃん自分!と思っていたんですね。

(その後医療はずいぶん進歩して、肺がんステージ4でもずっと長くQOLを保って生きられる時代になりました。)

5年後にブログを始めるために、人生初の入院も、苦しい治療も、何もかも全部ネタにしようと思うことで乗り切った気がします。

脳転移がわかっても、肺内多発転移が見つかっても、真っ暗な気持ちの中に「このどん底もいずれブログに書いちゃる=5年は生き抜く」という灯火が消えることはありませんでした。

「5年後にブログを」

これが治療を続けるモチベーションになったのです。

初エントリーは恐る恐る

最初の治療開始から5年と約2ヶ月経った2021年8月9日、ついにブログ開設に至りました。

最初のエントリーは「ごあいさつ」。

当時は身バレが怖くて(なんか売りつけられたり、宗教勧誘されたりするんじゃないかと思って…)、自分のことをどこまで書いていいものやら見当がつかず、めちゃくちゃ簡易な文章となってしまいました。

今では度胸も覚悟も少しずつ育まれましたので、もう少し手を加えて、コケ子の人となりを想像していただけるようなものにしようと思っています。

今後このブログでやりたい事

メインである病気の経過について、かけ足で一気に記事にしてしまったので、大筋以外のこぼれ話も書きたいな。漫画で!

コミックエッセイのように、気軽に見ていただける形にできたらいいなぁ、とイメージしております。

どうも私は、感じたことや考えたことを文章でアウトプットするのが苦手だということに、ブログを始めてから気づきました。

漫画ならいくらか表現できる……かも……しれない……?

いやわかりませんが。

永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。byジェームス・ディーン

この言葉を胸に、何事にも興味を持ってチャレンジしていきます!

今後ともよろしくお願いいたします。

コメント

  1. ミル より:

    はじめまして。こんにちは。
    私は今年初めから肺腺癌の分子標的薬での治療を始めました。
    治療をしながらいろいろなブログを読んでいてこちらを知りました。

    まず、かわいいイラストが大好き、そしてどんな大変な状況のときも
    ニワトリちゃんに癒されてしまう。
    そして、私にとってすごく参考になるのは、私もクレアチニン値が
    高いということです。(大体0.92ぐらい 1を超えてしまったこともあります)
    私もコケ子さんのように指摘されていないレベルに安定すればいいんですけど。

    治療ブログなのに、癒されてしまう素敵なブログなので、これからも応援しています。

    • コケ子 より:

      ミルさん、はじめまして!
      ブログ見てくださってありがとうございます!!
      ミルさんも分子標的薬をお使いなんですね。クレアチニン値高いの心配になっちゃいますよね…
      「癒し」と言っていただけると本当に嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします!

タイトルとURLをコピーしました